川崎周辺のラーメンとメタボおじさんの生活

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

鶴見の美味しいラーメン屋さん(幸家)

京急駅から15号線方面には横浜家系のラーメン店が3店舗ありますが、何処も食べログなどのグルメサイトでの点数の高いお店が多いです。
その中の1店に京急川崎駅から国道15号線方面に降りて生麦方面に3分ほど歩く左側にあります。幸家さんです。

f:id:march62:20190617213739j:plain

こんな外観ですが、横浜家系には多いような気がしますが、多少オリジナリティを感じます。
お店に入ってすぐ右側に小さな券売機があり、ここで食券を購入します。食券を購入すると座る場所を指定され、食券のチェックが行われます。
このときに麺の固さなどの好みを伝えます。お店は男性1名と女性1名の2名体制の営業していました。

f:id:march62:20190617213905j:plain



メニューはカウンターの上にも書かれていますが、基本はラーメン一択です。後はトッピングです。
そうこうしている内にラーメンの登場です。スープは横浜家系ラーメンそのものでとんこつで乳化しているスープです。麺固め以外は特に指定はしませんでしたが塩分濃度はなかり高いです。

f:id:march62:20190617213930j:plain



元々、ラーメン自体がジャンキーは食べ物なのでこの位は普通かもです。特に家系の場合ご飯と一緒に食べる方が多いのでこのくらいの塩分が必要になるみたいです。私には少しきつい塩分濃度でした。
麺は、横浜家系では有名な酒井製麺の麺を使用していました。中太まではいかない中くらいの太さのストレート麺です。スープの味が濃いのでこの位の太さの麺でも味がしっかり感じられます。
麺量も充分で食べ応えの有る麺でした。 具材は、家系の特徴であるほうれん草と豚バラの巻きチャーシュー、大きめの海苔が3枚です。
ほうれん草はどちらかと言うと柔らかめでチャーシューは油が多く私は少し苦手なタイプでした。
最近はももチャーシューを出すお店も多くなっているので個人的にはそちらの方が好きです。
全体としては良くまとまったラーメンで、ご飯のお供に食べると尚美味しいのではないかと思います。

f:id:march62:20190617214001j:plain

卓上の調味料も豆板醤と唐辛子が置いて有るところは評価したいです。
唐辛子は豆板醤と違いスープの塩分濃度が上がることなく辛く出来るので嬉しいです。
この鶴見の横浜家系の3店舗は距離も近く3店舗を5分で回れるくらい近いので、激しい人気争いが今後も続くと思います。
皆さんも、3件制覇に向けて食べ歩いてください。

 

店名 幸家
住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-6-1
電話 045-511-3180
営業時間 [火~金] 11:00~15:00 17:30~23:00
定休日 月曜日