メタボおじさんのラーメンブログ

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

鶴見を攻める第3弾(信楽茶屋)

鶴見は面白い街で、この広さの中に有名店が犇めいている状況です。川崎比べると凄く狭い範囲の中にお店が密集しているので、遠くから来て、お店を回るのには非常に便利です。その中に合って、いのうえ以外のお店はJR鶴見と京急鶴見に近い場所にお店を構えていますが、今回伺う信楽茶屋さんはそのどちらからも少し遠い位置に有るのが特徴です。そんなことは無いのですが、岩のりを使ったラーメンを提供することで有名なお店で、やはり岩ノリに合うスープは塩味なので、塩味のラーメンがメインとなるメニュー構成となっています。

f:id:march62:20190605231223j:plain

上の看板が見ずらいので横の見やすい看板をメインに撮らせて頂きました。でもこれだと横からの絵柄しかないのでもう一枚。。。

f:id:march62:20190605231338j:plain

少し入り口が見える位置からの画像になります。通りに面した部分は広く入りやすい感のお店です。無化調は良いですね。健康への気遣いは大事です。

f:id:march62:20190605231533j:plain

入って直ぐ左側に有る券売機です。少し遠すぎて全く分からないですね。メニューは非常にバリエーションに飛んだ構成で色々な種類のラーメンが有ります。昔からの岩のりを使った物から、最近のあご出汁ラーメン、味噌らーめんなど多岐に渡ったラーメンを展開していました。お客さんの入りは入店時に7名程度でその後は5名程度の入店でしたが昔ほどの混みあいでは無かったですが、そこそこの人気は保っているようです。

f:id:march62:20190606224604j:plain

卓上の調味料は特に変わった物は有りませんが普通の感じです。

f:id:march62:20190606224657j:plain

これが、今回注文した、あご出汁塩ラーメンです。見た目以上にサッパリしていますが

決してサッパリだけでは無くあご出汁は結構効いています。あご出汁は効きすぎると諄くなるのですが。このスープはそんなことなく非常に美味しいスープに仕上がっています。もう少しコクが有っても良いのかなと思えるくらい控えめな感じですが、あご出汁は結構効いています。

麺はあご出汁+塩味なので細麺です。これは王道な選択ですが今回もこれが正解です。非常に良く絡み合っていてスープを上手く持ち上げているのが分かります。この麺の選択は間違いなく正解なのですが、大盛が可能なのですがこれは少し問題が有って、この麺が少し伸びやすい麺なので大盛にすると更に伸びるので出来れば、替え玉での対応が良いのではと思います。

具材ですが、チャーシュー、メンマ、ノリ、薬味ねぎと言った布陣ですが少し物足りない感じですね。もう少し、色取りを意識した具材が有るとう美しくて美味しい感じを演出できると思います。

全体的には非常に纏まった美味しいラーメンですが、もう少し改良を重ねると行列が出来る名店になると思いますので頑張って下さい。

 

お店情報

信楽茶屋
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-18-2 徳永ビル 1F
045-504-5668
【平日・土】 11:15〜翌2:00
【日】 11:15〜23:00

 年中無休