メタボおじさんのラーメンブログ

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

隣町で貝出汁そばを!

隣町と言うか京急線の普通で2つ先の駅雑色は、黒湯天然温泉さがみ湯が有るので良く行きます。その駅のそばに昨年できた貝出汁のラーメンのお店が美味しいと言うことで評判になっているので行って見ます。

f:id:march62:20190505175537j:plain

新しいお店なので外観は綺麗ですね。あまり宣伝が少ないスッキリした入り口になっています。何か好感が持てる感じの外観です。手書きっぽい営業中も何か初めまして的なところが有って良いですね。店内は入って直ぐ右の券売機が有って基本は貝出汁ラーメンと醤油ラーメンの2種類で、具材によりチャーシュー麺、煮卵なども用意はしていますが無いに等しいです。

f:id:march62:20190505130657j:plain

その数少ないメニューの中にあるビールを注文すると、プレモルの小瓶が出てきます。ラーメン屋では中々見かけない逸品です。但しコップは普通の水を飲むものと同じです。コップもガラスのウスハリのようなものを使って頂ければ高級感が出るのに勿体ないです。

f:id:march62:20190505175333j:plain

見た目も美味しいそうなのですが、実際も美味しいです。貝出汁のラーメンは私も何回かしか食べた事が無いので楽しみです。

スープですが、まず凄く美味しいです。貝の出汁が良く出ていてそれでベースとなる醤油と良い感じで溶け合っています。味もハッキリした醤油味でそれ自体があさりの出汁を引き出しています。コクと言い旨味と言い満足できるスープだと思います。貝の味が濃すぎる場合を考慮してゆずを入れている配慮にも関心させられます。

麺ですが、このスープに合わせるならこれしかないという感じの細麺です。味ははっきりしていますがそれほど濃い味では無いのでこの位の細麺で無いとスープの味を堪能することが出来ないと思います。そういう意味でこの麺の選択は間違いない選択だと思います。

具材は鶏チャーシューが2枚ですが、とてもしっとりしていて美味しい鶏だと思います。またゆず以外にもスープのサッパリ感を演出するための水菜などの野菜をトッピングしてあるところは細かい配慮だと思います。メインのあさりですが、大ぶりで厚みのある美味しいあさりですが、やはり完全には砂抜きが出来ていないため、砂が歯に当たる時が有るため、あさりのスープだけでも良いかなと思います。私は個人的に砂が凄く嫌なので、砂が有る可能性があるなら食べないほうが良いと考えているため。そういう意味では貝から外して入れて貰うのも選択子のひとつだと思います。
全体的は素晴らしく美味しいラーメンなので、雑色駅京急の普通電車しか止まらない駅なので行くことも少ないと思いますが、是非各駅停車に乗ってでも食べに行って下さい。

お店情報
中華そば つの井
東京都大田区仲六郷2-29-10
[月~金]11:30~14:30 18:00~21:00
[土]11:30~15::30