メタボおじさんのラーメンブログ

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

久しぶりの蒲田

かなり時間的に空いてしまったのですが、蒲田に行って来ました。目的は昔から良く行っていたラーメン屋さんに行くことですが昨日は天気が悪く午後からはいつ降っても可笑しくないような状況の中での訪問です。そうです、麺バカ息子の紹介です。

お店はいつも通り10人くらいしか入れないお店ですが結構な混みあいです。空き席は数席のみの状態です。

今日はメニューから紹介

f:id:march62:20190502090948j:plain

こんな感じで沢山の種類が有ります。全部は写っていないかもです。こんなに沢山の種類が有るのにも関わらず、私が食したのは豚醤油ラーメンばかりです。かつてはつけ麺なども食べていましたが、最近は行ける機会も減ってしまったので、行ける時は豚醤油ラーメンになってしまいます。

まずは休日の午後と言うこともあり、一杯戴いています。

f:id:march62:20190502091426j:plain

レモンサワーですが、無茶苦茶レモンが効いています。酸っぱいです。レモンサワーを飲んでる感が半端ないです。最初は酸っぱすぎて中々飲めませんでしたが氷が解けてくると普通の味になって飲みやすくなりました。そうこうしているうちにラーメンが出来上がります。

f:id:march62:20190502091850j:plain

今日の焼き豚は少し色黒です。もやしの茹で加減はいつも最高です。シャキシャキ感がいつも同じように出来上がっている所に感心します。しかし、こうやって見ると油が半端ない状態ですね。このジャンキー感がたまらないですね。何で人間はこうも体に悪い物が好きなんでしょうかね。

にんにくは少な目にしているので画面上部に少しだけ見えます。お昼から酒臭くてにんにく臭いおじさんは社会の悪者だと思いますので自粛しました。

実際のラーメンですが、スープは醤油がキリっとした締った感じの味で、背油のマイルドさがスープ全体の甘みを引き出しています。少し(少しじゃないかも)塩分濃度が高いのですが、それがまたジャンキーさを演出していて良いのですが、食べ終わった後は結構喉が渇きます。お茶のご用意を!

麺は、中太ストレート麺で麦の味が感じられるような美味しさです。麺そのものがしっかりしているので、スープの味が濃くないと麺のみを食べているようになってしまうので味が濃いのだと思います。麺とスープは良く合っていると思います。またこの背油もスープを麺に纏わりつかせるのに一役買っているのだと思います。

具材は野菜とチャーシューのみですが、先ほど書いたようにもやしの茹で加減は最高です。もう神の領域と言って良いと思います。チャーシューも味がしっかりしていて美味しいですが、昔より少し硬くなったような気がします。でもお酒のつまみとしては最高です。

私が好きなのはここの麺なのですが、本当に美味しいです。もし蒲田に行かれる際には是非寄って食してください。場所も京急蒲田からは近いので!

 

お店情報
麺バカ息子
東京都大田区蒲田4-6-8
[火~金]11:30~14:00 18:00~23:00(※スープ切れ終了)
[土・日・祝]11:30~15:00
日曜営業
定休日 月曜日※祝日の場合営業、翌火曜日休み