メタボおじさんのラーメンブログ

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

本格的な北海道ラーメンの店(みその)

ラゾーナ川崎プラザに灯火と共に営業するラーメン店は本格的な北海道ラーメン店みそのです。特に味噌は濃厚さで人気のメニューです。灯火とは人気を二分しているようで混みようはあまり変わりません。

f:id:march62:20190420112351j:plain

外観はこんな感じで特に北海道ラーメンを売りにしているようでは有りませんが、看板に札幌の文字が小さく書かれている所が特徴ですかね。どちらかと言うと一期一会の方が目立っています。端に描かれた赤い北海道マークは控え目で良いですね。店頭の看板では炙り豚盛りの方が押しているようです。

f:id:march62:20190420112617j:plain

味噌ラーメンは複数種類有りますが、基本は醤油、味噌、塩の三つの味のようです。面白い手稲ライスと言う物も有ります。手稲は札幌郊外の町の名前ですが、そこで有名なのですかね。

今日はあまり寒くなくどちらかと言うと暑いので味噌と言うよりは醤油にしておきました。実は味噌よりも醤油好きです。味噌は冬の寒い日用で普段はあまり食べません。

f:id:march62:20190420113105j:plain

これが醤油ラーメンです。北海道の醤油は濃すぎるのでは言うくらい濃い色をしてますがそこまで濃くは無く少し甘みが有って食べやすいラーメンです。

スープは見た目で驚くのですが、マイルドで美味しい醤油味です。北海道の特徴ですが、醤油の味がしっかりしている点と表面のラードが醤油の甘さを引き出している点です。小さいころから食べていた味なので、醤油ラーメンと言うのはこんな感じだと思っていました。

麺ですが、北海道の特徴である卵麺で、かん水多めのしっかりした麺で多少の事では伸びない麺です。この麺も昔からの麺なのでこれが普通だと思って育っているのでこの麺が好きです。表面にラードが浮いているのでスープの温度がなかなか下がらないのでこの位の腰の有る麺を使用しないと直ぐに伸びてしまうのでこのような麺を使っているのだと思います。

具材は普通の北海道ラーメンとは違うのですが、このお店の売りである炙り豚盛りと、キクラゲ、玉子、もやし、ねぎなどです。もやしと言うか野菜を多く使うのも北海道の特徴だと思います。野菜の甘みをスープに加えたいとやっているようです。キクラゲは珍しいです。ただ、野菜炒めにも合うのでラーメン+野菜炒めと言う事で良いのではないでしょうか

全体的には、北海道出身者にとっては懐かしいラーメンで昔を思い出す貴重な味ですが元から東京周辺に住んでいる方には少し濃すぎるスープと言う感じに映るのですかね。意見は割れるような気がしますが、これが本格的な北海道ラーメンなので食べたい方は是非ラゾーナ川崎プラザまでお越しください。

 

お店情報

札幌みその ラゾーナ川崎

神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ 1F
044-874-8598
10:00~22:00
日曜営業