メタボおじさんのラーメンブログ

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

博多とんこつのラストを飾るのは(一蘭)

今晩はmarch62です。転機は悪いながら夜まで持ちましたね。

川崎の駅周辺の博多とんこつラーメンはこれで最後かと思いましたがなんつッ亭もやはり博多とんこつラーメン含まれるのかなと思いなおしラストじゃなかったかもと言うことで今回は未だに登場していない一蘭 川崎店です。

f:id:march62:20190310185705j:plain

赤い秘伝のたれでおなじみの一蘭です。川崎店は銀龍街に有りJR及び京急の駅からのアクセスは非常良い立地にあります。

中国からの観光客などで賑わっています。食券はお店に入って直ぐの所で実際のお店の前の仕切られた場所で買うことになります。

ラーメンが790円は博多ラーメンでは高いですね。相場は650円~700円なので15%程度高いことになります。

また、替え玉も190円と他店の100円~150円に対してやはり高い価格設定になっています。

トッピングもキクラゲなどが有料なので全体的にはかなり高額な価格設定になっています。

食券を購入して席に着くとアンケート用紙みたいな紙が用紙してあり記入して待つと店員さん来て回収して行きます。この紙に麺の固さ、味の濃さなどのお好みを記入して自分オリジナルのラーメンを待ちます。

f:id:march62:20190310192611j:plain

そして、出てきたのがこのラーメンです。秘伝の赤いたれは少な目になっています。いくら入れても辛くは無いので最大に入れても良いのですが、ラーメンのバランスが崩れるので控えめにしています。

スープはとんこつで多少乳化している感じでトロミも感じられます。味はやはり一蘭と言う感じで美味しいです。

麺は極細麺で博多ラーメンでは定番になっている細さです。トロミのあるとんこつスープとよく絡んで美味しいです。固さは固めの選択で正解です。のびるのも早いので一気に食べ進めます。

具材は見ての通り、青ネギと薄い焼き豚のみで少し寂しい感じです。

また、卓上のトッピングに関しては全くないのが寂しいです。博多とんこつと言えば、辛子高菜、紅ショウガ、ゴマは絶対に必要なアイテムなので無いのは悲しいですね。

全体的には良く纏まった美味しいラーメンなのですが、やはり値段が他店に比べて圧倒的に高く、卓上トッピングのサービスもないとこはかなり割り引いて評価しないといけないと思います。

この値段、サービスでのリピートは無いと思います。

 

お店情報

一蘭 川崎店

神奈川県川崎市川崎区砂子2-4-5 森下川崎第一ビル 1F

044-211-1032

24時間営業

日曜営業

年中無休

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村