メタボおじさんのラーメンブログ

川崎のラーメン屋さんと株取引などの記録です。

隣町で貝出汁そばを!

隣町と言うか京急線の普通で2つ先の駅雑色は、黒湯天然温泉さがみ湯が有るので良く行きます。その駅のそばに昨年できた貝出汁のラーメンのお店が美味しいと言うことで評判になっているので行って見ます。

f:id:march62:20190505175537j:plain

新しいお店なので外観は綺麗ですね。あまり宣伝が少ないスッキリした入り口になっています。何か好感が持てる感じの外観です。手書きっぽい営業中も何か初めまして的なところが有って良いですね。店内は入って直ぐ右の券売機が有って基本は貝出汁ラーメンと醤油ラーメンの2種類で、具材によりチャーシュー麺、煮卵なども用意はしていますが無いに等しいです。

f:id:march62:20190505130657j:plain

その数少ないメニューの中にあるビールを注文すると、プレモルの小瓶が出てきます。ラーメン屋では中々見かけない逸品です。但しコップは普通の水を飲むものと同じです。コップもガラスのウスハリのようなものを使って頂ければ高級感が出るのに勿体ないです。

f:id:march62:20190505175333j:plain

見た目も美味しいそうなのですが、実際も美味しいです。貝出汁のラーメンは私も何回かしか食べた事が無いので楽しみです。

スープですが、まず凄く美味しいです。貝の出汁が良く出ていてそれでベースとなる醤油と良い感じで溶け合っています。味もハッキリした醤油味でそれ自体があさりの出汁を引き出しています。コクと言い旨味と言い満足できるスープだと思います。貝の味が濃すぎる場合を考慮してゆずを入れている配慮にも関心させられます。

麺ですが、このスープに合わせるならこれしかないという感じの細麺です。味ははっきりしていますがそれほど濃い味では無いのでこの位の細麺で無いとスープの味を堪能することが出来ないと思います。そういう意味でこの麺の選択は間違いない選択だと思います。

具材は鶏チャーシューが2枚ですが、とてもしっとりしていて美味しい鶏だと思います。またゆず以外にもスープのサッパリ感を演出するための水菜などの野菜をトッピングしてあるところは細かい配慮だと思います。メインのあさりですが、大ぶりで厚みのある美味しいあさりですが、やはり完全には砂抜きが出来ていないため、砂が歯に当たる時が有るため、あさりのスープだけでも良いかなと思います。私は個人的に砂が凄く嫌なので、砂が有る可能性があるなら食べないほうが良いと考えているため。そういう意味では貝から外して入れて貰うのも選択子のひとつだと思います。
全体的は素晴らしく美味しいラーメンなので、雑色駅京急の普通電車しか止まらない駅なので行くことも少ないと思いますが、是非各駅停車に乗ってでも食べに行って下さい。

お店情報
中華そば つの井
東京都大田区仲六郷2-29-10
[月~金]11:30~14:30 18:00~21:00
[土]11:30~15::30


川崎駅地下でブランチ(いちや)

遅い昼食になるとどうしても通し営業の店を探してしまいます。そうなると大型の商業施設、駅地下など限られたお店になってしまいます。大型の商業施設も営業しているのがフードコートなどで落ち着いて食事をすることが出来ません。その辺の事情を考慮して今回は駅地下のラーメンシンフォニー内の一件いちやを訪問です。このお店は佐野実氏の写真が貼ってあることでも有名ですが、隣の大山と並んで数多くのメニューを提供していることでも有名です。

f:id:march62:20190504103221j:plain

こんな感じの外観ですが、ビールが安いです。いつも戴いています。これからの時期には必需品ですね。

f:id:march62:20190504103331j:plain

今回のお目当てのメニューです。健康的なメニュー好きなので、このようなメニューを検討しています。野菜が250gは嬉しいですね。大盛無料も惹かれますが今回はベジ増しらぁめんにすることにしました。遅い午後と言うことも有り、成るべく軽く済ませたかったのが理由です。

f:id:march62:20190504103651j:plain

写真を撮る前にまず飲んでしまいました。喉が渇いていたので致し方有りません。

f:id:march62:20190504103749j:plain

卓上の調味料は特に変わった物は有りません。ラーメン用はコショウ位ですかね。その他は餃子用だと思います。ティッシュが常備されているのは花粉症のお客さんには嬉しいですね。そんなこんなでまっているとベジ増しらぁめんが着丼です。

f:id:march62:20190505112406j:plain

これが注文したベジ増しらぁめんです。思ったほど野菜が入っていないのが寂しいですが、実際にはスープに浸っている部分もあるので結構な量の野菜は入っていました。野菜はラードで炒められていてシャキシャキ感もあり、甘みも有り非常に美味しいです。これだけで野菜炒めで食べられそうです。
スープは醤油味です。油も結構な量入っています。また、炒めた野菜にも味が有るためかスープの塩分濃度が高いです。ここは少し調整して欲しい所です。スープその物を薄めにするか、野菜に味を付けないか何か工夫が必要だと思います。麺は中細の縮れ麺で東京屋台風ラーメンとでも言えばいいのでしょうかただ食べなれたスープと麺なので食べやすいです。調子が悪いと言っておきながら、麺は大盛にしているので、麺量的には十分な量でした。普通盛りでは少し少ないかもです。
具材は大量な野菜がメインですが、メンマ、チャーシューもちゃんと入っています。ねぎもはいっています。ここのチャーシューは味がしっかりしていてつまみとしても重宝するチャーシューです。

このチャーシューにも味が付いている所が全体的に塩分濃度を上げている所かもです。でもチャーシューは味が付いていた方が美味しいですね。

全体的な感想としては、野菜が多くて美味しいラーメンなのですが、食べた後の喉の渇き等を考えるともう少し味を薄くして貰えると高血圧なmarchにとっても更なるヘルシー感が得られるのではないでしょうか。宜しくお願いします。

お店情報

中華そば いちや 川崎店

神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1 アトレ川崎 B1F

044-246-3777

【月・日】11:00~22:30 日曜営業

無休

 

玉の新コンセプトは濃厚味噌

川崎の超有名店玉が東京駅に引き続き、川崎ルフロンにも新店をオープンさせた。東京駅は煮干しをコンセプトにオープンしたが、こんどのルフロン店は濃厚味噌をコンセプトに新境地を目指すようである。そこで、開店からまだ日は経っていないが、お店の雰囲気を味わいに訪問してきました。出店の形態はフードコートなので、西口のラゾーナ川崎プラザのフードコートと同じようなつくりになっている。そういえば、玉はラゾーナ川崎プラザにもお店を出していたことも有るので、駅の西東双方に出店したことになります。

f:id:march62:20190503120155j:plain

こんな感じの外観で濃厚味噌を全面にお店を出店しています。一応本店の売りであるつけ麺と醤油ラーメンもメニュには加えています。今回は初めてなので、濃厚味噌つけ麺と濃厚味噌らーめんを注文してみました。

f:id:march62:20190503120533j:plain

濃厚味噌つけ麺です。つけ汁は見るからに濃厚そうですが、スープその物の粘度はあまり高く有りません。どちらかと言うとシャバシャバ系のスープです。其のせいか麺は本店よりかなり細いです。半分とは言いませんが、それに近い感じです。やはり粘度が低いと味が薄く感じられるのでその辺を考慮しているようです。スープは味噌の味がしっかりしていますが肉みそが更に味噌の風味を強くさせているようです。麺は先ほど書いた通り、つけ麺としては細めですがしっかりとした腰の強い麺なので喉越しも良く美味しいです。この麺であれば、もう少し薄味のつけ麺でも食べられそうな美味しい麺です。麺量もフードコートと言うことも有るのでしょうか少し少な目な量です。玉は元々、つけ麺は中盛りまで無料なので、相当なボリュウームが有るのですが、此処ではかなり少ないです。
具材はほうれん草と肉みそ、長ネギと言った物しか入っていません。そういう意味では少し寂しい感じがしますが、それだけ、麺とスープに力を入れていると言った感じでしょうか

f:id:march62:20190503121814j:plain

濃厚味噌らーめんです。ゆずが入ってサッパリしてそうですが、サッパリはしていません。濃厚です。先ほどのつけ麺と同じく味噌のスープですが、此方も粘度は低めです。また。麺はつけ麺とそれほど太さが変わっていないので同じものを使用している可能性も有ります。この麺は先ほどのつけ麺の時に言った通り、しっかりした麺なので伸びることは無いと思います。また具材はやはり、ほうれん草と肉みそと言った感じでどふぉでは玉子さえつかない構成なっている所が少し寂しいですね。そういう意味ではかなり価格的に高い設定になっていると考えて良いと思います。
今後に関しては、味の改良もそうですが、もう少しコストパフォーマンスの向上もお願いしたいです。具材を増やすのは価格的に厳しいと思うので麺量のアップで有るとか大盛の設定など、お客さんが喜ぶような事をして頂きたいと思います。

お店情報
濃厚味噌らーめん 玉 川崎ルフロン
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
044-210-3800
11:00~21:00(LO20:30)
年中無休

 

 

げんげってなあに?(利八)

げんげから出汁取ったラーメンが食べられると言うことで、げんげってなあにと言事で少し調べてみました。取れるのは日本海側の石川、福井などが多いみたいです幻魚と書くのは当て字のようで下の下の魚来ている名前のようです。この魚は表面が全て

コラーゲンで出来ているようで美容に良いらしいと言うことで食べに行きました。そのお店は良く行っている自家製麺 麺屋 利八です。

www.march62.net

f:id:march62:20190503000332j:plain

わざわざ、閉まっている写真を使用してます。今日はちゃんと開いていました。

f:id:march62:20190503000629j:plain

こんな感じでげんげらぁめんを宣伝しています。今日限定とか書かれると注文してしまいますよね。でもSNSによると何日か前からメニューとして出していたようで、少なくとも今日限定では無いようです。下の濃厚つけ麺は、私がいるうちに本当に売り切れていました。

f:id:march62:20190503000911j:plain
これが噂のげんげらぁめんです。見た目は煮干しラーメンとか鶏ラーメンとかとあまり変わらないのですが、味は全く違います。魚の出汁で有ることは分かるのですが、それが何かはスープからは分からないです。美味しいのですが、これが定番メニューになって毎回注文するかと言うと10回に1回程度で良いかなと言った感じです。独特の魚の味がするので好き嫌いは有るような気がします。私はそれほど気にならなかったですが気になる人もいると思います。

麺は魚介系の場合はいつも細麺なので、お約束通りと言った感じで、今回醤油をお願いしたのですが塩の場合はどうなのかは分かりませんが麺は細麺だと思います。麺とスープのバランスに関しては問題なく美味しいです。

具材に関してはこのお店の定番らぁめんと同じく、チャーシューとメンマと水菜の組み合わせです。このセットは個々の素材が美味しいのでこのままで良いと思います。

全体的には、商品としては特に問題は有りませんが多少好き嫌いの有るスープなので定番メニューとしては難しいともいますが、限定メニューとしては成立しているので年に何回かはお願いしたいです。

f:id:march62:20190503001856j:plain

今回も替え玉を注文してみました。これはこれで美味しいので毎回頼みたいです。お店からすると値段の割に結構大変なのではと思いますが、美味しいので頼んでしまいます。味は基本的に煮干しのスープの油そばです。刻み玉ねぎとチャーシューのみじん切りがアクセントになって美味しいです。この後、げんげのらぁめんのスープを足して食べることにより更に美味しくなります。このように2度美味しい替え玉も戴いて満足でした。

 

お店情報

自家製麺 麺屋 利八
神奈川県川崎市川崎区宮前町2-4

【火・水・金・土】 11:30~14:30 18:00~21:30
【木】 11:30~14:30
【日・祝】 11:30~15:00 18:00~21:30 日曜営業

休業 月曜、第1火曜

 

 

久しぶりの蒲田

かなり時間的に空いてしまったのですが、蒲田に行って来ました。目的は昔から良く行っていたラーメン屋さんに行くことですが昨日は天気が悪く午後からはいつ降っても可笑しくないような状況の中での訪問です。そうです、麺バカ息子の紹介です。

お店はいつも通り10人くらいしか入れないお店ですが結構な混みあいです。空き席は数席のみの状態です。

今日はメニューから紹介

f:id:march62:20190502090948j:plain

こんな感じで沢山の種類が有ります。全部は写っていないかもです。こんなに沢山の種類が有るのにも関わらず、私が食したのは豚醤油ラーメンばかりです。かつてはつけ麺なども食べていましたが、最近は行ける機会も減ってしまったので、行ける時は豚醤油ラーメンになってしまいます。

まずは休日の午後と言うこともあり、一杯戴いています。

f:id:march62:20190502091426j:plain

レモンサワーですが、無茶苦茶レモンが効いています。酸っぱいです。レモンサワーを飲んでる感が半端ないです。最初は酸っぱすぎて中々飲めませんでしたが氷が解けてくると普通の味になって飲みやすくなりました。そうこうしているうちにラーメンが出来上がります。

f:id:march62:20190502091850j:plain

今日の焼き豚は少し色黒です。もやしの茹で加減はいつも最高です。シャキシャキ感がいつも同じように出来上がっている所に感心します。しかし、こうやって見ると油が半端ない状態ですね。このジャンキー感がたまらないですね。何で人間はこうも体に悪い物が好きなんでしょうかね。

にんにくは少な目にしているので画面上部に少しだけ見えます。お昼から酒臭くてにんにく臭いおじさんは社会の悪者だと思いますので自粛しました。

実際のラーメンですが、スープは醤油がキリっとした締った感じの味で、背油のマイルドさがスープ全体の甘みを引き出しています。少し(少しじゃないかも)塩分濃度が高いのですが、それがまたジャンキーさを演出していて良いのですが、食べ終わった後は結構喉が渇きます。お茶のご用意を!

麺は、中太ストレート麺で麦の味が感じられるような美味しさです。麺そのものがしっかりしているので、スープの味が濃くないと麺のみを食べているようになってしまうので味が濃いのだと思います。麺とスープは良く合っていると思います。またこの背油もスープを麺に纏わりつかせるのに一役買っているのだと思います。

具材は野菜とチャーシューのみですが、先ほど書いたようにもやしの茹で加減は最高です。もう神の領域と言って良いと思います。チャーシューも味がしっかりしていて美味しいですが、昔より少し硬くなったような気がします。でもお酒のつまみとしては最高です。

私が好きなのはここの麺なのですが、本当に美味しいです。もし蒲田に行かれる際には是非寄って食してください。場所も京急蒲田からは近いので!

 

お店情報
麺バカ息子
東京都大田区蒲田4-6-8
[火~金]11:30~14:00 18:00~23:00(※スープ切れ終了)
[土・日・祝]11:30~15:00
日曜営業
定休日 月曜日※祝日の場合営業、翌火曜日休み

 

 

その金目鯛を食べて来ました。

連荘で同じ店は無いだろうと思うのですが、あえて行って来ました。金目鯛中華そばです。これを食べに行きました。

www.march62.net

f:id:march62:20190424220249j:plain

画像は使い回しなので変化は有りませんがこんなお店です。夜の方が佇まいがお洒落ですね。昼は人が並んでて写真が取れる状況では無いのです。悪しからず。今度空いている時に取っておきます。

f:id:march62:20190501023118j:plain

これの中身が知りたいと言う人がいたのでリクエストに応えて映してみました。

f:id:march62:20190501023215j:plain

色々な物が混ざっているので中身はよくわかりません。ショウガと玉ねぎ、ゴマなどが入っているようですが今回はそのレビューでは無いので割愛して本日のメニューを紹介します。

f:id:march62:20190501023413j:plain

これが金目鯛中華そばです。塩味でかなりサッパリしていますが、魚のコクは凄く出ています。ラーメンスープと言うより魚のスープに麺が入っている感で、スープが全面に出ています。見た目のインパクトはあまり有りませんが味のインパクトは凄いです。ここまでの出汁が出るとは思いませんでした。

麺は極細麺で鶏豚中華そばに使用しているものと同じではないかと思います。スープが塩味なので麺を極細にすることでサッパリですが、同時にスープの味も味わえるように考えられたラーメンだと思います。大盛、替え玉は用意されていませんでしたが、鶏豚中華そばより麺量が多いのではと思いましたがそれは私の勘違いだったかも知れません。

載せ物はメンマ、チャーシュー、のり、ほうれん草です。ほうれん草とメンマは結構な量だと思います。特にほうれん草は、味が強いので動物系の出汁には多少多めに入れても嫌な感じはしないのですが、魚系の場合ほうれん草の味が全体のバランスを崩してしまっているようで勿体ないです。ほうれん草では無く水菜等サッパリした野菜の方が合うと思います。

全体を通しての感想は、このようなラーメンが有っても良いとは思いますが、これはあくまで他のラーメンの箸休め程度と考えた方が良いと思います。魚の味が強すぎるので直ぐに飽きられてしまいそうです。でも変わったラーメンが食べられて嬉しかったです。また、色々なラーメンに挑戦して欲しいです。

 

お店情報
玉 赤備
神奈川県川崎市川崎区砂子2-2-1
044-211-8178
【月・火・水・木】 11:00~翌1:00
【金】 11:00~翌2:00
【土】 10:00~翌2:00
【日】 10:00~翌1:00 日曜営業
年中無休

 

前回途中で終わってしまったBlueTooth5.0をもう一度

f:id:march62:20190421184753j:plain

今回紹介するのはこのイヤホンです。AVIOT製のte-d01dです。このイヤホンは最近流行りのBluetooth5.0が使用されています。

ここで終わってしまっているのですが、この後AVIOT製のte-d01dがどう凄いか説明するところで終わってしまいました。

このイヤホン、再生時間は9時間で今までのイヤホンの中でも長い方に入ります。またこのケースはスマフォにも充電可能なケース1800mAhの容量を持っていて電池不足に対応できます。また、Bluetooth5.0のチップセットQualcomm社製QCC3026を使用していてこのチップセットが長時間再生と接続の安定性を実現しているのではないかと考えています。

Bluetooth5.0であれば、全て接続の安定性が実現できるのかと言うことでいくつかのイヤホンをテストしてみたのでその結果を報告します。

f:id:march62:20190430195554j:plain

クラウドファインディングで購入したBluetooth5.0対応のイヤホンです。VIE STYLE製です。音質は良いのですが、通信性能は今一つで良く通信が切れます。この辺は初期のBluetooth5.0では通信の安定性は得られないようです。そこで最新のBluetooth5.0対応イヤホンを購入して調査を継続します。

f:id:march62:20190501015532j:plain

中国製の安価なイヤホンですがBluetooth5.0には対応してます。再生時間が4時間とか性能面では多少劣りますが、調査した結果は通信性能ではte-d01dと変わらない性能を発揮しています。しかもこのケースは小さいながらも3000mAhの性能で携帯への充電も可能です。しかしながら、音質に関してはこもった感じの音しか再生出来ず音質に関してはまだまだと言った感じです。そう言った感想からやはりte-d01dはかなり高性能なイヤホンで有ることが分かりました。

対抗馬としては、ZEROAUDIOのTWZ-1000ですね。これはまだ音を聞いていないので評価出来ませんが、チップセットは同じなので通信性能は同じで後は音質だけですが、ZEROAUDIOはイヤホンではここ数年高性能なイヤホンを出しているメーカなので期待できると思います。

今後、ZEROAUDIOのTWZ-1000が入手可能で有れば評価を継続します。

こうご期待を!